タイムレコーダーに感謝した体験

タイムレコーダーといえば、真っ先に思いつくのが仕事の勤怠管理をする道具です!というか、他には思いつかないのですが。私は何度か転職をしていますが、学生時代にしていたアルバイトと、最初に正社員で入社した会社でタイムレコーダーを使っていました。どちらもタイムカードをさして、出社時刻と退社時刻を打刻していました。正社員で働いていた会社での話ですが、サービス業だったのもあり、正直、残業が多かったわりに、退社時刻はまったく無視で残業代もなしでした。ただし、出社時刻に関してはめちゃめちゃ厳しいくらいにタイムレコーダーを毎日チェックされて、遅刻がないかどうかを確認されていました。ある日、雪が降って、バスが遅れてしまっていて、始業開始時刻にぎりぎり間に合わない日がありました。やばい、給料が引かれるかおとがめがあるなあ、と思いながら、タイムカードを打刻してみると、なんと始業開始時刻ぴったり!!タイムレコーダーにあるまじきことですが、なぜだかわかりませんが、時間がずれていたのです。もうずいぶん前の話なので、もしかして最新型のタイムレコーダーはそんなことがないのかもしれませんが、もう古いタイムレコーダーだったからか、たまたま時間がずれていてくれたおかげで救われました。たった3分のことですが、嬉しすぎてたまりませんでした。その後、気づいたらしっかり時刻が訂正されていました。危ない危ない!そんな私のタイムレコーダーの体験談でした。

僕が素敵だと思うタイムレコーダー

僕はよくいろんな場所でタイムレコーダーを見ます。バイト先だとか学校なんかでも見ることがあります。もちろんホームセンターのような場所でも見ます。そのようにタイムレコーダーをよく見ることがありますが、僕がこのタイムレコーダーはいいなと思ったものがあります。バイト先にあるタイムレコーダーなのですが、白色を基調とし青色でボタンと画面の周りを囲っています。角ばったところがなく丸く滑らかな感じのタイムレコーダーです。僕はこのタイムレコーダーがカッコいいなと思いました。ほかにもいろんなタイムレコーダーがあります。他の人もこのタイムレコーダーかっこいいなやかわいいなと思う時があるかもしれません。個人でタイムレコーダーを買って使用することはまずないと思います。僕も家にタイムレコーダーはありませんし、使えるような場所もありません。でも仕事場などの集団で働くところにはとても便利だと思います。今では小さな商店やスーパーで主に使用されており、最近ではパソコンで管理することのできるタイムレコーダーも多いようです。僕はこれからもこのタイムレコーダーはどんどん進化していくのではないかと思っています。これからも素晴らしいデザインと高性能なタイムレコーダーが出てくることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*